Thursday, September 12, 2019

9/22 合同ゼミ第31回「淫蕩の哲学に淫してみる」

日時:9月22日(日)12時~
場所:九州産業大学 2号館 2W401教室

第一部:ワークショップ「淫蕩の哲学に淫してみる」12:00~
 小笠原史樹(福岡大学)「生まれくる誰か、快楽、かけがえのなさ――トマス・アクィナス『悪につい』のルクスリア(淫蕩)論、あるいはその変奏」(仮)
 佐藤実(大妻女子大学)「「淫蕩」なlyric、「淫」なmusicー中国思想における「淫蕩」」
 コメント:佐藤啓介(南山大学)
 司会:藤田尚志(九州産業大学)

第二部:宮野真生子先生の思い出を語る会

懇親会も予定されております。奮ってご参加ください。
https://twitter.com/_pilate/status/1171415220662652928/photo/1

Friday, September 06, 2019

9/8 秋保本+江川本合評会@スピノザ研究会

第69回研究会のお知らせ

日時:9月8日(日)13時30分
会場:東京大学本郷キャンパス 国際学術総合研究棟1階 人文社会系研究科・文学部三番大教室

1330分:秋保亘『スピノザ 力の存在論と生の哲学』合評会
1330分〜1400分:『スピノザ』へのコメント1(立花達也)
1400分〜1430分:『スピノザ』へのコメント2(藤田尚志)
1430分〜1530分:著者からの回答、フロアとの討議

1530分〜1545分:休憩 

1545分:江川隆男『スピノザ『エチカ』講義』合評会
1545分〜1615分:『スピノザ『エチカ』講義』へのコメント1(平井靖史)
1615分〜1645分:『スピノザ『エチカ』講義』へのコメント1(鈴木泉)
1645分〜1745分:著者からの回答、フロアとの討議

9/6 哲学と時間:ベルクソン『コレージュ・ド・フランス講義 時間観念の歴史』合評会(イベント第二弾)

哲学と時間:ベルクソン『コレージュ・ド・フランス講義 時間観念の歴史』合評会

主催:PBJ(Project Bergson in Japan)後援:日仏哲学会日時:9月6日(金)13時半~16時半場所:学習院大学 南3号館103教室 ☚注意!

13:30-13:35 挨拶
13:35-14:20 納富先生
14:20-14:35 藤田・平井との質疑1
14:35-15:20 鈴木先生
15:20-15:35 藤田・平井との質疑2
15:35-15:50 休憩
15:50-16:30 会場とのやりとり

PBJが全三巻の『物質と記憶』研究集成を刊行した書肆心水より、このたびベルクソン『時間観念の歴史』が刊行されました。これは、ベルクソンがフランスの知の殿堂コレージュ・ド・フランスで古代哲学講座を担当していた1902‐1903年度の講義録ですが、「時間」を中心的主題として、前半がプラトン・アリストテレス・プロティノスを中心とする古代哲学に割かれ、後半でルネサンス哲学、デカルト、ライプニッツ、カントなどの近代哲学が扱われています。

プロティノスを古代哲学の完成形であり、「意識」や「自由」の問題系の出発点であると見たり、デカルト哲学など近代哲学の中に二つの力の相克を見、二つの道の分岐点を見るベルクソン独自のヴィジョンの射程をどう料理していただけるか。伝統ある東大哲学会とPBJとの共催という形で、古代哲学について納富先生、近代哲学について鈴木先生と現状望みうる最高峰のお二人にこの講義録の魅力についてじっくりお話していただけるのは、本当に望外の喜びです。

当日はベルクソン研究者のみならず、広く古代哲学・近代哲学に関心のある方々のご来場を賜りたく、心よりお待ち申し上げます。

藤田尚志・平井靖史

※プロジェクト・ベルクソン・イン・ジャパン
:2007年、ベルクソンの第三主著『創造的進化』(1907年)刊行百周年記念のイベント開催をきっかけとして立ち上げられたプロジェクト(第一期は2007-2009年)。第四主著『道徳と宗教の二源泉』(1932年)に関する第二期(2011₋2013年)、第二主著『物質と記憶』に関する第三期(2015-2017年)を経て、今年度から第一主著『時間と自由』(2019-2021年)に関する第四期が始まる。現在の代表は平井靖史。

Sunday, February 10, 2019

Mes travaux récents sur Bergson (2016-2018)

1) Abiko, Shin, Fujita, Hisashi, Sugimura, Yasuhiko (éds.), Mécanique et mystique. Sur le quatrième chapitre des Deux Sources de la morale et de la religion de Bergson, Georg Olms Verlag, coll. "Europaea Memoria", mars 2018, 280 pages.

2) Abiko, Shin, Fujita, Hisashi, Sugimura, Yasuhiko (éds.), Considérations inactuelles. Bergson et la philosophie française du XIXe siècle, Georg Olms Verlag, coll. "Europaea Memoria", septembre 2017, 318 pages.

3) Yasushi Hirai, Hisashi Fujita, Shin Abiko (eds.), Rebooting Bergson's Matter and Memory : Multidisciplinary Perspectives on Expanded Bergsonism (Berukuson Busshitsu to Kioku wo Saikidou suru : Kakuchou Berukuson-shugi no Shotembou), Tokyo : Shoshi Shinsui, December 2018, 415 pages.

4) Yasushi Hirai, Hisashi Fujita, Shin Abiko (eds.), Diagnoses of Bergson's Matter and Memory : Developments toward the Philosophy of Temporal Experience, Sciences of Consciousness, Aesthetics, and Ethics (Berukuson Busshitsu to Kioku wo Shindan suru: Jikan Keiken no Tetsugaku, Ishiki no Kagaku, Bigaku, Rinrigaku eno Tenkai), Tokyo : Shoshi Shinsui, October 2017, 384 pages.

5) Yasushi Hirai, Hisashi Fujita, Shin Abiko (eds.), The Anatomy of Bergson's Matter and Memory: Connections with the Contemporary Theories of Perception, Mind and Time (Berukuson Busshitsu to Kioku wo Kaibou suru: Gendai Chikaku Riron, Jikan-ron, Kokoro no Tetsugaku tono Setsuzoku), Tokyo : Shoshi Shinsui, November 2016, 384 pages.

6) Fujita, Hisashi, "Ricoeur et Bergson. L'ombre de la philosophie de la vie" (article en japonais), in T. Kashima et al. (eds.), Ricoeur Reader (Ricoeur Dokuhon), Tokyo, Hosei University Press, juillet 2016, pp. 228-243.

7) Fujita, Hisashi, "L'avenir de Bergson. De Matière et mémoire à l'Evolution créatrice et retour" (article en japonais), in Y. Hirai et al. (eds.), The Anatomy of Bergson's Matter and Memory, Tokyo, Shoshi Shinsui, novembre 2016, pp. 101-104.

8) Fujita, Hisashi, ""ein so lange aufgenommener Fremdling" : autour de l'interprétation du kantisme bergsonien par Riquier" (article en japonais), in Y. Hirai et al. (eds.), Diagnoses of Bergson's Matter and Memory, Tokyo, Shoshi Shinsui, octobre 2017, pp. 59-82.

9) Fujita, Hisashi, "La logique du lieu de mémoire : hyper-schématisme et hantologie dans Matière et mémoire" (article en japonais), in Y. Hirai et al. (eds.), Diagnoses of Bergson's Matter and Memory, Tokyo, Shoshi Shinsui, octobre 2017, pp. 83-98.

Monday, November 26, 2018

12/6-7 フランス19世紀思想研究会ワークショップ「実証哲学と科学史」@法政大学

フランス19世紀思想研究会ワークショップ
/Journées d’étude de l’Atelier de la philosophie française du XIXe siècle

実証哲学と科学史
La philosophie positive et l’histoire des sciences

第一日
Première journée

アナスタシオス・ブレナー『科学哲学のフランスの起源』を読む
Lire “L’origine française de la philosophie des sciences” d'Anastasios Brenner

2018.12.6(木)13:30―17:30 /
Jeu 6 décembre 2018, 13h30-17h30,

法政大学ボアソナードタワー25階C会議室 /
Salle C au 25e étage de la Tour de Boissonade, Hosei Université

1. 伊勢田哲治(Tetsuji ISEDA)京都大学(Université de Kyoto):
いかに科学の中で実証主義の知的系譜を理解すべきか?
 (How should we understand the intellectual lineage of positivism within science ?)

2. 佐藤真人(Masato SATO)東京大学(Université de TOKYO):
いかに自然哲学の進化と体系性を考えるべきか?デカルトの場合:ベーコン、ケプラー、ニュートンと突き合わせ
て (Comment penser l’évolution et la systématicité de la philosophie naturelle ? Le cas de Descartes face à Bacon, Kepler et Newton)

3. 松井久(Hisashi MATSUI) 法政大学(Hosei Université):
実証主義は規約主義を延長しうるのか?(Le positivisme peut-il le conventionnalisme ?)

4. 平井正人(Masahito HIRAI)東京大学(Université de Tokyo):
コントのラプラス物理学批判:毛管現象の場合(La critique de la physique laplacienne par Auguste Comte : le cas de capillarité)

第二日
Deuxième journée

実証哲学と科学史
La philosophie positive et l’histoire des sciences

2018.12.8(土)13:30―17:30 /
Sam 8 décembre 2018, 13h30-17h30,

法政大学ボアソナードタワー25階C会議室 /
Salle C au 25e étage de la Tour de Boissonade, Hosei Université

1. アナスタシオス・ブレナー(Anastasios BRENNER)ポール・ヴァレリー・モンペリエ第三大学(Université Paul Valéry Montpellier 3):
哲学的科学史:オーギュスト・コントとフランス的伝統(L’histoire philosophique des sciences : Auguste Comte et la tradition française)

2. 長谷川悦宏(Etsuhiro HASEGAWA) 法政大学(Hosei Université):
コントの家族理論と骨相学(Comte's Theory of family and the phrenology)

3. 石渡崇文(Takafumi ISHIWATARI) 東京大学(Université de Tokyo):
ジョルジュ・カンギレムと医学の科学性(Georges Canguilhem et la scientificité de la médecine)

4.安孫子信(Shin ABIKO) 法政大学(Hosei Université):
西周と科学史(NISHI Amane et l’histoire des sciences)

使用言語:仏語・英語(適宜に通訳あり)/参加:どなたもご参加いただけます