Sunday, February 18, 2018

自由な空間を守るために

立て看・吉田寮問題をめぐる動きについて、私も微力ながら告知に協力させていただきます。

私たちを取り巻く、息苦しい閉塞状況に対して、小さくても声をあげ続けていかなければいけないと思っています。

署名運動に賛同いただける方はぜひよろしくお願いします。
https://sites.google.com/view/tatekan-yoshidaryo/home

下記は過日行なわれたシンポジウムの報告(をメールにてお送りいただいたもの)です。

***

「立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える」シンポジウム呼びかけ賛同人と署名賛同者のみなさまへ、

「立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える」シンポジウムでは「緊急アピール」にご賛同いただき、まことにありがとうございました。

シンポジウムの方、2月13日に予定通り挙行し、総勢450名近い聴衆を集め、立ち見の出る大盛況のうちに晴れやかに終了することができました。
当日は、吉田寮生および関係者、立て看当事者、学内教員として駒込武教育学研究科教授、外部から鵜飼哲一橋大学教授から発言があったほか、来場の方からも多くの意見表明を得ることができました
なにより、多くの来場者を前にして、これまで当事者でありながらまったく大学内の意志決定プロセスから排除されてきた吉田寮生、立て看設置者の側から、現今の京大当局が進めている学内管理強化の不当性について具体的に説明し、理解を求める機会とできたことを嬉しく思っています。
ご来場いただいた方々、重ねてありがとうございました。
シンポジウムで配布した一連の資料は、当シンポジウムの公式ウェブサイトの方にアップし、広く周知していきたいと思っています。シンポジウムに参加できなかった方々には、下記サイトでぜひ御覧いただけると幸いです。

シンポジウムの告知と署名運動の開始から十日ばかりのきわめて短い準備期間でしたが、多くの方々の関心を惹くことができたこと、呼びかけ人と賛同者のみなさんのおかげと感謝しています。
なお、署名応募者は2月14日現在810筆を数えています。
めざましい成果と言いたいところですが、大学改革後、トップダウン形式で物事が決まってゆく現在の京都大学において、学内外の声を当局の意志決定に反映させるためには、より多くの人々から当局の学内管理強化に対する批判の声をあげてゆくことが必要です。
仄聞するところでは、京大当局も学内外からの一斉の批判を多少なりとも気にしているようではあります。
署名運動は、3月13日の〆切までいっそうの賛同者の拡大を図っていくつもりです。
今回のシンポジウムを契機に、京大当局の学内管理強化の方針を変更させることができるよう、引き続きみなさまのお力添えをお願いいたします。

2018年2月17日
京大の学内管理強化を考えるシンポ実行委員会
公式サイト:おもしろくも変人でもない京大
https://sites.google.com/view/tatekan-yoshidaryo/home

Thursday, February 15, 2018

【クリップ】奨学金「延滞者数」が多い大学 ワースト10

 受験シーズンいよいよ本番。受験生は、春からの学生生活への希望に胸を膨らませ、入試に臨む。だが、その試練を乗り越えて入学した新入生の約半数が、卒業時におよそ300万円もの“借金”を背負うという現実はあまり知られていない。奨学金の負債である。
 事態を憂慮した日本学生支援機構は、昨年4月、初めて大学別の奨学金延滞率(※奨学金貸与終了者のうち、3か月以上返済が滞っている人の割合)を発表した。全国751大学の奨学金貸与者数、卒業生(貸与終了者)のうち3か月以上返済が滞っている人の割合などのデータだ。
 これまで大学の序列は「合格偏差値」や「就職率」などで決められてきた。ところが、この奨学金延滞率データは、大学別の「卒業生の収入など生活力」(奨学金返済能力)を示す新たな指標であり、学生がこのデータを重視して大学を選択するようになれば従来の“大学序列”が大きく変わる可能性があるからだ。そこで、私大、国立大を含めた奨学金「延滞者数」の全国ランキングを見ていこう。
 表のように、ワースト10には日大、東海、近大、早稲田、専修などマンモス私大が並ぶ。学生数が多く、奨学金受給率が高いほど延滞者数は増える。しかし、学生数が多くても、慶應、立教、同志社のようにランク外のマンモス私大もある。ここに「返済力」の違いが浮かび上がる。
※週刊ポスト2018年2月16・23日号

奨学金の大盤振る舞い 学生募集に悩む大学には“恵みの雨”

2018.02.07 16:00

「奨学金」といえば、かつては成績優秀な苦学生のためのものだった。日本育英会(現・日本学生支援機構)の貸与基準は厳しく、20年前までは大学生の約10人に1人しか受給できなかった。だが借金をしても、その後の「大卒」の価値はそれを補って余りあるものだった。大手企業に職を得れば、返済に困るような事態にはならなかったからだ。

 しかし、いまや奨学生の実態は大きく変わった。国の奨学金制度が拡充され、成績や親の収入などの基準が緩和され貸与枠も大幅に拡大された(※)。“苦学生”でなくとも奨学金を借りやすくなったのだ。

【※1999年度の成績要件の緩和、貸与月額の選択制導入が実施されて以降、段階的に要件が緩和されてきた。昨年にも1学年の貸与人数を4.4万人増やす(第1種)などの大幅な緩和がなされている】

 地方から上京して都内の私大に通うMさん(21)は1年時から奨学金を借りた。

「仕送りが足りないので日本学生支援機構から限度いっぱいの月額12万円の奨学金を受けています。サークルの幹事をやって、ゼミもあるからあまりバイトはしていません。奨学金がなかったらバイトに追われていたんじゃないでしょうか」

 そう淡々と話すのが今時の奨学生の姿なのだ。“誰でも借りられる”ようになり、奨学生は激増した。奨学金の受給者数は20年前の約46万人から現在(2017年度)は130万人まで増え、いまや大学生の2人に1人(約51%)が何らかの奨学金を受けている。受給総額は年間1兆円を超えた。

 そうした大盤振る舞いで一番の恩恵を受けているのは、学生よりも大学だ。政府の規制緩和で大学・学部新設が容易になり、この20年間で全国に約200校の私立大学が新設された。学生募集が難しい新設私大にとって、奨学生急増は“恵みの雨”となっている。ある地方私大顧問が語る。

「昔なら経済的理由で進学をあきらめていた学生が大学で学ぶようになった。そのおかげで地方の中規模以下の私大にも学生が集まって運営が成り立っている。もし、奨学金がなければとっくに倒産していてもおかしくない大学は多い」

 学生が借金(奨学金)で学費を払い、雨後の筍のように増えた私大の経営を支えているのである。大学側にすれば、学生がいくら借金を負っても、卒業で送り出せば“関係”は終わる。しかし、奨学生にとっては大学時代が“楽な学生生活”になるのと引き換えに、就職した途端に“苦しいサラリーマン生活”が待ち受けることになる。

 月12万円の有利子奨学金(最高3%の変動金利)の貸与を受ける前述のMさんの場合、4年間の貸与額は500万円を超える。利息を合わせると最大約700万円になり、月々2万円以上を20年にわたって返済しなければならない。新社会人のスタートから重荷を背負う。

 そのため、大学卒業後5年以内に3か月以上の返済延滞に陥った人数は1万8190人(2015年度末時点)に達する。滞れば一括返済を迫られ、「奨学金破産」はいまや大きな社会問題となっている。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

Tuesday, January 23, 2018

授業というもの

今日は試験であった。試験監督から戻ると、研究室の扉にポストイットが貼ってあった。私の授業を受けていたある学生からであった。


単位がすべてではない。大学教育にとって当たり前のことが、経済効率至上主義の前に崩れていく。

履修者数の少ない授業は削減、はかなり当たり前になってきている。

そのうえ、今は、履修者のうち、単位取得者の割合が少ないと、つまりあまりに単位を落とすものが多いと、目を付けられ、簡単な授業・試験にするよう「是正」される。

だが、履修者数が少なくとも、厳しい授業・厳しい試験で単位が取れなくとも、学生にとって「良い授業」というものは厳然と存在するのだ。

試験期間中に思うことは多い。それはたぶん、大学をめぐる諸問題を考えようとする哲学者にとって大切なことだ。

Sunday, January 21, 2018

2018年1月中旬

2018年1月中旬(1月11~20日)
達成目標
①H氏論文へのコメント(1月4日(木))
某大学論書評2000字(1月7日(日))
③某ベルクソンWS@米・メンフィス2018の英語予稿(1月10日(水))1月17日に何とか終了…。
連載=博論(1月14日(日))
某翻訳序文および最終仕上げ(1月21日(日))
⑥某ウェブ企画校正(1月28日(日))

予定と実際
1月11日(木)2限:卒論ゼミ#14(M君・S君)➡昼休み:3年Fゼミ説明会➡3限:3年ゼミ#14(坂爪真吾『はじめての不倫学』K君・Iさん発表)➡4限:学部共通講義#14(普遍論争・アベラルドゥス)➡6限:上映会(H君を囲んで)

1月12日(金)2時~4時:大学院授業@天神➡6時半までひたすら事務メール

1月13日(土)朝から某図書館で研究しつつ事務メール

1月14日(日)登山

1月15日(月)2限:学部専門講義#14(レヴィ=ストロース①)➡3限:独仏勉強会➡5限:学生面談(M君)

1月16日(火)2限:卒論ゼミextra➡昼休み:3年Fゼミレポートの書き方説明会の予定が急きょ中止➡3限:授業準備➡4限:学部共通講義#15(中世篇:トマス・アクィナス)➡5限:学部専門講義#15(レヴィ=ストロース②)➡6限:上映会(是枝『空気人形』)

1月17日(水)昼休み~3限:2年Fゼミ説明会(Aさん・T君・S君発表)2年Fゼミ➡4限:教授会➡来年度新カリ会議(6時まで)➡事務処理➡何とかペンステート用の英語原稿を仕上げる。

1月18日(木)2限:卒論ゼミextra➡昼休み+3限:卒論・レポートの書き方説明会

1月19日(金)昼休み:卒論・レポートの書き方説明会の続き

1月20日(土)卒論添削始める。H君12時、R君2時終了。M君前半で力尽きる。

某誌レチフ論文ブラッシュアップ(12月26日(火))
⑩某事典の8項目執筆(2018年5月末)
 ・『ベルクソンの哲学』(ドゥルーズ)1600字
 ・「身体」(ベルクソン)800字
 ・「潜在性」(ベルクソン)800字
 ・『笑い』(ベルクソン)800字
 ・ゴーシェ(人名項目)1600字
 ・マシュレ(人名項目)800字

 ・『世界の脱魔術化』(ゴーシェ)800字
 ・『諸権力の革命』(『代表制の政治哲学』)(ゴーシェ)400
 ・ピエール・カスー=ノゲス(人名項目)    400字

2018年
1月30日(火)・31日(水)・2月1日(木)・2月8日(木)・3月8日(木)入試
2018年3月16日(金)~25日(日)出張
2018年3月23日(金)WS・24日(土)日仏哲学会
2018年3月27日(火)・28日(水)フーリエ研究集会
2018年5月12日(土)フロベール研究集会
2018年10月18‐20日 秋 @ペンステート
2018年11月 某イベント@鹿児島大学

Thursday, January 11, 2018

2018年1月上旬

2018年1月上旬(1月1~10日)
達成目標
⓪フーリエに関する発表(タイトル12月末➡発表2018年3月末)1月4日とりあえず送る。
①H氏論文へのコメント(1月4日(木))
某大学論書評2000字(1月7日(日))
③某ベルクソンWS@米・メンフィス2018の英語予稿(1月10日(水))
連載=博論(1月14日(日))
某翻訳序文および最終仕上げ(1月21日(日))
⑥某ウェブ企画校正(1月28日(日))

予定と実際
1月1日(月)合間に『文藝別冊 是枝裕和』を読む。
1月2日(火)合間に『文藝別冊 是枝裕和』を読む。
1月3日(水)合間に『文藝別冊 是枝裕和』を読む。夜、帰福。
1月4日(木)仕事を開始。まずはメールを返すところから。
1月5日(金)是枝のドキュメンタリー『大丈夫であるように~Cocco 終わらない旅~』の後半部分、押井守の『INNOCENCE』、是枝の劇場第三作『DISTANCE』を観る。
1月6日(土)B大のEB先生、I大のNM先生、HY先生と昼食会、その後、初出勤し、仕事の準備。
1月7日(日)一日かけてMK先生からいただいた批判に対して弁明(の素描)を試みる。

【第15週】
1月8日(月)さっそくお返事をいただく。しかし、これはすぐには返せないです…。午後から出勤し、仕事の準備➡明日の授業のための新ネタ準備(2017年ヨーロッパの各種選挙の事実関係をいかに分かりやすく伝えるか)。

1月9日(火)2限:全学講義#15(ベルクソンとフロイト:両者の夢理論の相違+まとめ)➡昼休み:1年ゼミ発表指導①Eさん+Yさん➡3限:N君面談+授業準備➡4限:学部専門輪講#15(現代ヨーロッパ論:2017年のヨーロッパを教員三人で振り返る)➡5限:短大・教養講義#15(芸術の哲学:文学の哲学+まとめ)➡6時10分から7時15分まで:1年ゼミ発表指導②S君+M君➡7時15分から40分まで:③T君+H君

1月10日(水)2限:1年ゼミ#15(永井均『マンガは哲学する』最後まで読了!)➡昼休み:3年Fゼミ説明会(1年ゼミ生Aさん・Nさん・S君による発表)➡3限:2年ゼミ#15(『マンガは哲学する』Kさん発表)➡4限:コース会議(4時半まで)➡事務作業+学生面談(T君:5時40分まで)➡事務作業

某誌レチフ論文ブラッシュアップ(12月26日(火))
⑩某事典の8項目執筆(2018年5月末)
 ・『ベルクソンの哲学』(ドゥルーズ)1600字
 ・「身体」(ベルクソン)800字
 ・「潜在性」(ベルクソン)800字
 ・『笑い』(ベルクソン)800字
 ・ゴーシェ(人名項目)1600字
 ・『世界の脱魔術化』(ゴーシェ)800字
 ・『諸権力の革命』(『代表制の政治哲学』)(ゴーシェ)400
 ・ピエール・カスー=ノゲス(人名項目)    400字

2018年
1月30日(火)・31日(水)・2月1日(木)・2月8日(木)・3月8日(木)入試
2018年3月16日(金)~25日(日)出張
2018年3月23日(金)WS・24日(土)日仏哲学会
2018年3月27日(火)・28日(水)フーリエ研究集会
2018年5月12日(土)フロベール研究集会
2018年秋 @ペンステート
2018年11月 某イベント@鹿児島大学